思春期には何故ニキビができやすいのでしょうか?きちんと理由があるんです。
まずその原因を知りたいものですね。
また大人になってもニキビができる場合もありますが、思春期ニキビとはどこが違うのでしょうか?

成長期のホルモンバランスによるもの

思春期ニキビが何故できやすいのか、まずそれを具体的に把握しておく必要があります。では一体何故思春期にはニキビができやすいのでしょうか?それは一重にホルモンバランスが変化をする時期だからです。

皮脂分泌量が増すので、ニキビができやすい肌環境になっています。その皮脂分泌量が増すのは性ホルモンによってホルモンバランスが乱れているからで、これは男女共通のものです。

人間の成長に伴う皮脂分泌を止めることは不可能です。増える皮脂分泌に対して対処や予防するしか手段はありません。その対策のために洗顔料を増やすことや丁寧な洗顔は必須です。

しかし洗い過ぎもよくなく、肌を保護している肌バリアの低下も考えられますから、適度な回数の洗顔を心がけましょう。

アクネ菌の増殖で思春期ニキビが増える

アクネ菌はニキビの原因となる悪者とされていますが、実は人間の皮膚に存在する常在菌です。肌バランスを保つためには必要な菌です。

ただアクネ菌は酸素が苦手という特徴を持っています。そのため酸素が触れない毛包という部分に多く存在しますから、特に害のない菌と言えます。

ただ、毛穴に皮脂が詰まると、その中でどんどん増殖を繰り返し、炎症を起こしてニキビができます。それは何故かと言うとアクネ菌の餌は皮脂だからです。

皮脂が大量にあり、しかも毛穴につまっていることで酸素が入りにくい状態になっていると、アクネ菌にとっては格好の餌場です。皮脂を分解し、悪い脂へと変換し、それが脂肪酸となり炎症の原因になります。そのため赤ニキビができます。

ニキビの種類の中でも赤ニキビは最も酷いものだと言われています。むやみやたらにつぶすとその後ニキビ跡がクレーター状になってしまうこともあります。

そのため、皮脂が毛穴につまらないような対策を取る必要があります。それが正しい洗顔と、スキンケアです。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

思春期に大量にできる思春期ニキビと大人になってから吹き出物と呼ばれる大人ニキビはどう違いがあるのでしょうか?
具体的に言えば、思春期ニキビはホルモンバランスが乱れていることが原因で、皮脂が過剰分泌されたことによるものです。

それにひきかえ大人ニキビに関しては生活習慣やストレスをためこんでできてしまうニキビです。また思春期ニキビと大人ニキビではできる場所も違います。

思春期ニキビは皮脂の分泌が過剰な部分にできるので、鼻やTゾーンに多く見られます。しかし大人ニキビの場合、Uゾーンと呼ばれるフェイスラインや首筋にかけてできる場合が多いです。

思春期ニキビは皮脂の分泌によるものと言われますが、大人ニキビは食生活の偏りや仕事などのストレスが原因です。
タバコや紫外線や乾燥があげられます。大人ニキビは根本的な原因を取り除くのが難しいと言われており、治りにくいのも特徴の1つです。

ケアの方法は基本的には古い角質や余分な皮脂を落として適切なケアを行うという点では同じものです。ただ思春期ニキビは規則正しい生活を続けていればすぐに治ってしまいますが、大人ニキビの場合は複合的な原因を多く持っていますので、治りにくいのが厄介です。

大人ニキビの場合は特にフェイスラインにできるのに対し、思春期ニキビはTゾーンなど皮脂分泌の多い場所にできますから、その点でも違いが分かるでしょう。

まとめ

思春期ニキビと大人ニキビの違いが分かったでしょうか?性ホルモンのバランスが乱れることによってできる思春期ニキビとストレスなどが大半の大人ニキビではケア法は殆ど同じでも、根本的な改善策は異なります。

食事でもインナーケアとして思春期ニキビの対策ができますから、洗顔だけで対応せずに、食事からの対策も同時に行っていきましょう。そのためには好き嫌いなくミネラルビタミンなど豊富な緑黄色野菜や果物を摂るのがオススメです。

どちらにしてもニキビは小さいうちからケアしていくことが大切です。